お墓の引越しで失敗しない【上手くいくGoodな基礎知識】

墓地

手続きを行う

お墓

お墓を引越しをするという時はまずは法的な手続きが必要になってきます。まず一般的に用いられるお墓ごと引越しを行う方法としては移転する先の受入証明書を墓地管理者に発行して貰う必要があります。墓地を自ら管理している場合もこの証明書を発行することになるため手順をしっかり確認する必要があります。証明書を発行すると続いて改葬許可申請書を作成し、提出します。これは墓地のある地域の役場で申請書を受け取ることができ、必要な項目を記入して墓地管理者の捺印をもらいます。改葬許可申請書は捺印を貰うまでは効力を発揮しませんが、捺印を貰うと効力を発揮し、埋葬証明書という名前に変わります。埋葬証明書の準備ができたら受入証明書と一緒に役場へ申請しに行き、改葬許可証という許可証を受け取ります。この許可証を持ち移転法要を依頼し、遺骨を取り出しながら墓石を運び出します。移転先でも同様に開眼供養などの法要を行い再度納骨をすることで引越し作業は完了します。
お墓ごと引越しをする時は前述した手続きが必要になりますが、分骨という方法を行う時は多少簡単になります。分骨を実際に行う際の手続きとしては永代使用許可書の発行を移転先の墓地管理者に請求し、許可証を準備します。分骨証明書も必要になり、現在遺骨を埋葬している墓地管理者に証明書の発行をしてもらい、移転法要をして移転先で納骨法要を行います。同様に証明書や許可証が必要になるため必ず予定の手続きを踏んだ上で行う必要があります。これら手続きが難しいという場合は行政書士事務所で相談することで引越しの代行をしてもらうことが出来ます。代行と言っても法的に必要な証明書や許可証の請求や記入などを行うだけなので思っている以上にリーズナブルな価格で行うことができます。お墓の引越しに必要な手続きは複雑ではないですが、高齢で手続きができない等の事情がある場合は行政書士事務所の利用もしてみるといいでしょう。